m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊婦のビタミンD補給、児の6歳時の喘息発症に影響せず

2020年2月20日  ソース:NEJM  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患小児科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

妊娠中ビタミンD補給(1日当たり4400IU)による児の3歳時までの喘息および再発性喘鳴抑制効果を示唆した報告を報告した著者らが、児を6歳時まで追跡調査した(VDAART試験)。intention-t...

文献:Litonjua AA, et al. Six-Year Follow-up of a Trial of Antenatal Vitamin D for Asthma Reduction. N Engl J Med. 2020 Feb 6;382(6):525-533.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。