m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

白内障の術前OCTで黄斑疾患検出率改善

2020年2月28日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患

多焦点眼内レンズ(IOL)留置を伴う白内障手術を検討している患者の術前評価としての術前光干渉断層計(OCT)検査の費用対効果を検証。初回白内障手術を予定する視力20/60の67歳男性を基本症例とした。...

文献:Ella H. Leung, et al. Cost-Effectiveness of Preoperative Optical Coherence Tomography in Cataract Evaluation for Multifocal Intraocular Lens. 2020 Jan 31. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。