m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

デュロキセチン子宮内曝露、催奇性低いが産後出血と心奇形リスク微増

2020年3月6日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患精神科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

2004-13年のメディケイドのデータ(MedicaidAnalyticeXtract)を用いて、デュロキセチンへの子宮内曝露後の母親および児の有害転帰リスクをコホート研究で検討。コホートの規模は転帰...

文献:Huybrechts KF, et al. Maternal and fetal outcomes following exposure to duloxetine in pregnancy: cohort study. BMJ. 2020 Feb 19;368:m237.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。