m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠中のマクロライド系抗菌薬で先天異常リスク増

2020年3月7日  ソース:BMJ  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

妊娠中に抗菌薬処方を受けた母親からの1990-2016年の出生児10万4605人を対象に、マクロライド系薬処方と児の有害転帰の関連を集団ベースコホート研究でペニシリン系薬と比較した。その結果、1000...

文献:Fan H, et al. Associations between macrolide antibiotics prescribing during pregnancy and adverse child outcomes in the UK: population based cohort study. BMJ. 2020 Feb 19;368:m331.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。