m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

結節性痒疹のnemolizumab、掻痒と重症度改善も有害事象発現

2020年3月8日  ソース:NEJM  カテゴリ: 一般内科疾患皮膚疾患投薬に関わる問題

重度掻痒を伴う中等症ないし重症の結節性痒疹患者70例を対象に、抗インターロイキン-31受容体モノクローナル抗体nemolizumabの有効性と安全性を二重盲検第II相試験で検討した。4週時、掻痒の最高...

文献:Ständer S, et al. Trial of Nemolizumab in Moderate-to-Severe Prurigo Nodularis. N Engl J Med. 2020 Feb 20;382(8):706-716.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。