m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ケラトメーターの変数使用の予測式、早期円錐角膜を識別

2020年3月13日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 眼科疾患

日本国内の医療機関6施設でAmsler-Krumeich分類ステージ1の円錐角膜患者123例123眼、健常対照者205例205眼を対象に、オートケラトメーターのパラメータを用いた早期円錐角膜の予測方程...

文献:Takashi Kojima, et al. Keratoconus Screening Using Values Derived from Auto-Keratometer Measurements: A Multicenter Study. Am J Ophthalmol. 2020 Feb 27 .[Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。