m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

更年期の血管運動症状抑制にfezolinetantが有望

2020年3月19日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

中等度ないし重度の血管運動症状(VMS)がある閉経後女性287例を対象に、選択的ニューロキニン3受容体拮抗薬fezolinetant(15mg、30mg、60mg、90mgの1日2回投与、30mg、6...

文献:Fraser GL, et al. A phase 2b, randomized, placebo-controlled, double-blind, dose-ranging study of the neurokinin 3 receptor antagonist fezolinetant for vasomotor symptoms associated with menopause. Menopause. 2020 Feb 24. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。