m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

記憶力と歩行速度の低下で認知症リスク増加

2020年3月25日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患神経内科疾患

高齢者の記憶力低下および歩行速度低下の併発と認知症リスクとの関連を評価するため、米国と欧州の前向きコホート研究6件に参加した個別被験者(計8699人、平均年齢70-74歳)データのメタ解析を実施した。...

文献:Tian Q, et al. Association of Dual Decline in Memory and Gait Speed With Risk for Dementia Among Adults Older Than 60 Years: A Multicohort Individual-Level Meta-analysis. JAMA Netw Open. 2020 Feb 5;3(2):e1921636.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。