m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

白内障手術後のステロイド、NSAIDより後嚢混濁発生率低い

2020年3月26日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 眼科疾患投薬に関わる問題

白内障手術を受けた2万5818例を対象に、術後の後嚢混濁に対する抗炎症薬の効果をコホート研究で検討。ステロイド単独、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)単独またはステロイド+NSAID併用のNd:YA...

文献:Hecht I, et al. Anti-inflammatory medication after cataract surgery and posterior capsular opacification. Am J Ophthalmol. 2020 Feb 13. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。