m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠中の高用量ビタミンD補給で児の骨石灰化改善

2020年3月27日  ソース:JAMA Pediatr  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患産婦人科疾患

妊娠中の高用量ビタミンD補給が児の身体測定値および骨石灰化にもたらす効果を二重盲検無作為化試験(妊娠中の母親623例と産児584例)の2次解析で検討。517例(89%)が6歳までの追跡調査を完了した。...

文献:Nicklas Brustad, et al. Effect of High-Dose vs Standard-Dose Vitamin D Supplementation in Pregnancy on Bone Mineralization in Offspring Until Age 6 Years: A Prespecified Secondary Analysis of a Double-Blinded, Randomized Clinical Trial. JAMA Pediatr. 2020 Feb 24 .[Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。