m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

緑内障の視野喪失監視ツールを開発

2020年3月30日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患

緑内障患者を含む被験者8077例の最新の視野データ1万3231件を用いて、緑内障進行の監視を目的とした人口知能(AI)対応ダッシュボードを開発、妥当性を評価。主成分解析、多様体学習、視野喪失パターン分...

文献:Siamak Yousefi, et al. Monitoring glaucomatous functional loss using an artificial intelligence-enabled dashboard. Ophthalmology. 2020 Mar 9 . [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。