m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

再発膠芽腫の治療効果予測にAPT画像が有用

2020年4月2日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 脳神経外科疾患投薬に関わる問題その他

膠芽腫再発患者54例を対象に、MRI上のアミドプロトン移動(APT)信号強度(SI)変化によるベバシズマブの早期治療効果予測能を後ろ向き試験で検討した。その結果、ベバシズマブ治療4-6週時の平均APT...

文献:Park JE, et al. Identification of Early Response to Anti-Angiogenic Therapy in Recurrent Glioblastoma: Amide Proton Transfer-weighted and Perfusion-weighted MRI compared with Diffusion-weighted MRI. Radiology. 2020 Mar 10. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。