m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

小児に対する診察室での鼓膜換気チューブ留置の成功率

2020年4月8日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 小児科疾患耳鼻咽喉科疾患

生後6カ月ないし12歳の小児を対象に、診察室でのイオントフォレーゼ鼓膜麻酔(リドカインとエピネフリン)および鼓膜切開・チューブ挿入システム(automatedmyringotomyandtubedel...

文献:Lawrence R Lustig, et al. In-Office Tympanostomy Tube Placement in Children Using Iontophoresis and Automated Tube Delivery. Laryngoscope. 2020 Mar 11 .[Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。