m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

新生児の胆道閉鎖検出に2段階検査が有望

2020年4月8日  ソース:JAMA  カテゴリ: 消化器疾患小児科疾患産婦人科疾患

新生児12万4385人を対象に、直接ビリルビンまたは抱合型ビリルビン測定による胆道閉鎖症の2段階スクリーニング(全新生児に生後60時間以内に検査を実施し、陽性の場合は2週間健診時または健診前に再検査を...

文献:Harpavat S, et al. Diagnostic Yield of Newborn Screening for Biliary Atresia Using Direct or Conjugated Bilirubin Measurements. JAMA. 2020; 323 (12): 1141-1150.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。