m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

鉄過剰の低リスクMDS、キレート剤でEFS改善

2020年4月8日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

予後リスク評価が低度(low)または中等度(intermediate)-1の骨髄異形成症候群(MDS)で赤血球輸血による鉄過剰状態に至った患者225例を対象に、経口鉄キレート薬デフェラシロクスの有効性...

文献:Angelucci E, et al. Iron Chelation in Transfusion-Dependent Patients With Low- to Intermediate-1-Risk Myelodysplastic Syndromes: A Randomized Trial. Ann Intern Med. 2020 Mar 24. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。