m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

輸血依存性βサラセミア、luspatercept併用で輸血負担減

2020年4月10日  ソース:NEJM  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

支持療法実施中の輸血依存性βサラセミア成人患者336例を対象に、トランスフォーミング増殖因子βスーパーファミリーのリガンドと結合する組換え融合蛋白luspaterceptによる輸血負担(総赤血球輸血単...

文献:Cappellini MD, et al. A Phase 3 Trial of Luspatercept in Patients with Transfusion-Dependent β-Thalassemia. N Engl J Med. 2020; 382 (13): 1219-1231.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。