m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

頭頸部扁平上皮がん、術後放射線遅延予測のノモグラム開発

2020年5月5日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般外科疾患耳鼻咽喉科疾患

米国で新たに頭頸部扁平上皮がんの診断を受け、外科的治療と術後放射線療法(PORT)を受けた成人患者4万8625例(抽出コホート)のデータを用いて、PORT開始の遅延(術後6週間超)を予測するノモグラム...

文献:Levy DA, et al. Development and Validation of Nomograms for Predicting Delayed Postoperative Radiotherapy Initiation in Head and Neck Squamous Cell Carcinoma. JAMA Otolaryngol Head Neck Surg. 2020 Apr 2. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。