m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

情動症状の生涯蓄積量が早期死亡と関連か

2020年5月6日  ソース:JAMA Psychiatry  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患一般外科疾患

英国の1946年出生コホートで13-15歳、36歳、43歳、53歳のうち3回以上の情動症状データが得られた3001人を対象に、情動症状の生涯にわたる蓄積および時期と53-68歳の早期死亡率との関連を検...

文献:Archer G, et al. Association Between Lifetime Affective Symptoms and Premature Mortality. JAMA Psychiatry. 2020 Apr 8. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。