m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

移植適応骨髄腫にダラツムマブ上乗せで効果の深さ改善

2020年5月11日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

自家幹細胞移植(ASCT)適応の新たに診断を受けた多発性骨髄腫(NDMM)患者207例を対象に、ASCTの導入療法および地固め療法の標準レジメン、レナリドミド+ボルテゾミブ+デキサメタゾン(RVd)へ...

文献:Voorhees PM, et al. Daratumumab, Lenalidomide, Bortezomib, & Dexamethasone for Transplant-eligible Newly Diagnosed Multiple Myeloma: GRIFFIN. Blood. 2020 Apr 23. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。