m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

HPV陽性中咽頭がん、AJCC-8病期で調整後も喫煙が予後不良因子

2020年5月15日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患耳鼻咽喉科疾患感染症

ヒトパピローマウイルス(HPV)陽性中咽頭扁平上皮がん(OPSCC)患者317例を対象に、喫煙が予後に及ぼす影響を後ろ向きコホート研究で検討。カプラン・マイヤー法で、喫煙状態による5年全生存率と、喫煙...

文献:Chidambaram S, et al. Prognostic Significance of Smoking in Human Papillomavirus-Positive Oropharyngeal Cancer Under American Joint Committee on Cancer Eighth Edition Stage. Laryngoscope. 2020 Apr 15. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。