m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

熱中症患者のPT-INRとAPTTが60日死亡を予測

2020年5月18日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急検査に関わる問題

発症後24時間以内に病院に到着した熱中症患者を対象に、ルーチンの血液凝固系検査の予後予測能を多施設後ろ向き試験で検討した。60日死亡率は20.9%だった。その結果、プロトロンビン時間-国際標準化比(P...

文献:Xing L, et al. The prognostic value of routine coagulation tests for patients with heat stroke. Am J Emerg Med. 2020 Api 22. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。