m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

胃粘膜下腫瘍のCH-EUS、従来EUSより悪性識別能良好

2020年5月21日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患検査に関わる問題その他

胃粘膜下腫瘍(SMT)に用いる造影ハーモニック超音波内視鏡検査(CH-EUS)の悪性識別精度を検討すべく、消化管間質腫瘍(GIST)と良性病変を識別した研究6件と低リスクGISTと高リスクGISTを識...

文献:Yang YT, et al. Diagnostic value of contrast-enhanced harmonic endoscopic ultrasonography in predicting the malignancy potential of submucosal tumors: a systematic review and meta-analysis. Surg Endosc. 2020 Apr 29. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。