m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

上部尿路上皮がんの化学的アブレーション、6割が完全奏効

2020年5月22日  ソース:Lancet Oncol  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

低悪性度の上部尿路上皮がん患者71例を対象に、マイトマイシン含有リバースサーマルゲル製剤UGN-101による化学的アブレーション(chemoablation)の安全性と有効性を非盲検単群第III相試験...

文献:Kleinmann N, et al. Primary chemoablation of low-grade upper tract urothelial carcinoma using UGN-101, a mitomycin-containing reverse thermal gel (OLYMPUS): an open-label, single-arm, phase 3 trial. The Lancet Oncology. 2020 Apr 29. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。