m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

HPV関連中咽頭がんの予後予測にリンパ節転移比率が有用

2020年5月22日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患

経口的ロボット支援手術を施行したヒトパピローマウイルス関連中咽頭扁平上皮がん(OPSCC)の連続169症例を対象に、生存と再発に対する予後因子としてのリンパ節転移比率(LNR)の有用性を後ろ向きコホー...

文献:Bu DD, et al. Lymph Node Ratio in HPV-Associated Oropharyngeal Cancer: Identification of a Prognostic Threshold. Laryngoscope. 2020 Apr 29. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。