m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

地図状萎縮の有病率、東アジアより南アジアの方が高い

2020年5月23日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患

AsianEyeEpidemiologyConsortium(AEEC)所属国で実施された集団ベース研究22件を基に、アジアでの地図状萎縮(GA)有病率を横断的メタ解析で検討。40歳以上の9万7213...

文献:Hyungtaek Rim T, et al. Prevalence and Pattern of Geographic Atrophy in Asia: the Asian Eye Epidemiology Consortium. Ophthalmology. 2020 Apr 25. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。