m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

細菌性膣症の再発予防にLactin-Vが有効

2020年5月28日  ソース:NEJM  カテゴリ: 産婦人科疾患感染症投薬に関わる問題

メトロニダゾール腟用ゲルによる治療を完了した細菌性膣症患者(18-45歳)を対象に、LactobacilluscrispatusCTV-05(Lactin-V)11週間膣内投与の再発予防効果を無作為化...

文献:Cohen CR, et al. Randomized Trial of Lactin-V to Prevent Recurrence of Bacterial Vaginosis. N Engl J Med. 2020 May 14. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。