m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

新規診断MMに自家移植と地固め療法でPFS改善

2020年6月3日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

新たに多発性骨髄腫(MM)の診断を受けた患者を対象に、強化療法としての自家造血幹細胞移植(HSCT)とその後の地固め療法の有効性を第III相試験で検討(EMN02/HO95試験)。1回目の無作為化で1...

文献:Cavo M, et al. Autologous haematopoietic stem-cell transplantation versus bortezomib-melphalan-prednisone, with or without bortezomib-lenalidomide-dexamethasone consolidation therapy, and lenalidomide maintenance for newly diagnosed multiple myeloma (EMN02/HO95): a multicentre, randomised, open-label, phase 3 study. Lancet Haematol. 2020 Apr 30. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。