m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

グラム陰性菌血症への抗菌薬投与期間は短縮可能

2020年6月16日  ソース:JAMA  カテゴリ: 一般外科疾患感染症救急投薬に関わる問題

合併症のないグラム陰性菌血症の成人504例を対象に、抗菌薬のC反応性蛋白(CRP)誘導下投与(CRPがピーク値から75%低下したら投与中止)、7日間投与、14日間投与の有効性を非劣性無作為化試験で比較...

文献:von Dach E, et al. Effect of C-Reactive Protein-Guided Antibiotic Treatment Duration, 7-Day Treatment, or 14-Day Treatment on 30-Day Clinical Failure Rate in Patients With Uncomplicated Gram-Negative Bacteremia: A Randomized Clinical Trial. JAMA. 2020 Jun 2. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。