m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

胆嚢がん根治目的切除術のリンパ節収量、開腹と低侵襲で同等

2020年6月18日  ソース:Surg Endosc  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患その他

根治目的の切除術を施行した胆嚢がん患者2014例を対象に、開腹手術と低侵襲手術(ロボットまたは腹腔鏡下手術)で所属リンパ節評価とリンパ節収量を比較。患者の56.6%に開腹手術、43.4%に低侵襲手術を...

文献:Hamad A, et al. Comparison of lymph node evaluation and yield among patients undergoing open and minimally invasive surgery for gallbladder adenocarcinoma. Surg Endosc. 2020 May 19. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。