m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

OSAの舌下神経刺激、気道陽圧値で奏効予測

2020年6月19日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 呼吸器疾患神経内科疾患耳鼻咽喉科疾患

舌下神経刺激(HGNS)装置植え込み前に薬物睡眠下内視鏡検査(DISE)を実施した閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)患者27例を対象に、軟口蓋の経鼻的気道陽圧(PAP)値がHGNSの転帰を予測するかを前向き...

文献:Seay EG, et al. Evaluation of Therapeutic Positive Airway Pressure as a Hypoglossal Nerve Stimulation Predictor in Patients With Obstructive Sleep Apnea. JAMA Otolaryngol Head Neck Surg. 2020 Jun 4. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。