m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

米の肉腫関連医療過誤、主な訴訟理由は「診断の遅れ」

2020年6月22日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患

米国の肉腫関連医療過誤訴訟92件(骨肉腫40件、軟部肉腫52件)を対象に、評決、損害賠償額、訴訟理由、原告に有利な評決・和解の関連因子を検討した。その結果、訴訟の38%が被告に有利な評決、30%が原告...

文献:Hwang R, et al. Delayed Diagnosis Is the Primary Cause of Sarcoma Litigation: Analysis of Malpractice Claims in the United States. Clin Orthop Relat Res. 2020 Jun 2. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。