m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

HER2陽性食道胃がんに化学療法+TBZ+Pemが有望

2020年6月23日  ソース:Lancet Oncol  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題

未治療HER2陽性転移性食道胃(胃、食道、胃食道接合部含む)がん患者37例を対象に、化学療法+トラスツズマブ(TZB)とペムブロリズマブ(Pem)併用療法の効果を非盲検非無作為化単群第II相試験で検討...

文献:Janjigian YY, et al. First-line pembrolizumab and trastuzumab in HER2-positive oesophageal, gastric, or gastro-oesophageal junction cancer: an open-label, single-arm, phase 2 trial. Lancet Oncol. 2020 Jun. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。