m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折のPKP、背部痛残存の危険因子

2020年6月25日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 整形外科疾患

骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折(OVCF)のため両側アプローチによる経皮的椎体形成術を施行した患者809例を対象に、術後の背部痛残存の発生率および危険因子を後ろ向きレビューで検討した。63例(7.8%)に背部...

文献:Li Y, et al. Risk factors for postoperative residual back pain after percutaneous kyphoplasty for osteoporotic vertebral compression fractures. Eur Spine J. 2020 Jun 7. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。