m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

CVDリスクはSBP正常範囲内で 段階的に増加

2020年6月28日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患

収縮期血圧(SBP)値が正常(90-129mmHg)で、従来の定義に基づくアテローム動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)の危険因子がないMulti-EthnicStudyofAtherosclerosi...

文献:Whelton SP, et al. Association of Normal Systolic Blood Pressure Level With Cardiovascular Disease in the Absence of Risk Factors. JAMA Cardiol. 2020 Jun 10. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。