m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

喘息患者のアトピー分類に人工電子鼻の検出能が有用

2020年6月29日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 呼吸器疾患アレルギー疾患小児科疾患検査に関わる問題

成人および小児の喘息患者601例、就学前の喘鳴患者54例を対象に、新たなポイントオブケアツール、人工電子鼻(eNose)で測定した呼気プロファイルでアトピーの有無を識別できるか検討した。患者のアトピー...

文献:Abdel-Aziz MI, et al. eNose breathprints as a surrogate biomarker for classifying asthma patients by atopy. J Allergy Clin Immunol. 2020 Jun 9. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。