m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

好中球減少症のがん患児、発熱上限39.0℃は安全

2020年7月1日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 血液疾患小児科疾患

骨髄抑制化学療法を実施したがん小児患者269例を対象に、発熱性好中球減少症診断時の耳体温上限値39.0℃の安全性をクラスター無作為化多重クロスオーバー非劣性試験で38.5℃と比較。主要評価項目を化学療...

文献:Koenig C, et al. 39.0°C versus 38.5°C ear temperature as fever limit in children with neutropenia undergoing chemotherapy for cancer: a multicentre, cluster-randomised, multiple-crossover, non-inferiority trial. Lancet Child Adolesc Health. 2020 Jun 1. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。