m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

OSAの舌下神経刺激、経口検査と内視鏡検査の転帰予測能

2020年7月2日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 呼吸器疾患耳鼻咽喉科疾患検査に関わる問題その他

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)で舌下神経刺激療法を実施した無呼吸低呼吸指数(AHI)が15超/時の患者57例を対象に、経口検査と覚醒時内視鏡検査の相関と検査の転帰予測能について後ろ向きコホート研究で調査...

文献:Lee CH, et al. Transoral Versus Endoscopic Examination in Predicting Outcomes of Hypoglossal Nerve Stimulation for Obstructive Sleep Apnea. Laryngoscope. 2020 Jun 13. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。