m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

潜在性結核感染に4カ月リファンピシンが安価で有効

2020年7月3日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患感染症投薬に関わる問題

高所得国(オーストラリア、カナダ、サウジアラビア、韓国)、中所得国(ブラジル、インドネシア)、アフリカ諸国(ベナン、ガーナ、ギニア)で実施した無作為化試験2件の参加者データ(成人6012例および小児8...

文献:Bastos ML, et al. Health System Costs of Treating Latent Tuberculosis Infection With Four Months of Rifampin Versus Nine Months of Isoniazid in Different Settings. Ann Intern Med. 2020 Jun 16. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。