m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

若年ADHD患者でポリファーマシーが増加 米

2020年7月4日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患投薬に関わる問題

2006-15年の米国外来医療調査データを用いて、2-24歳の注意欠陥多動性障害(ADHD)患者を対象にADHD薬および向精神薬のポリファーマシーの状況を横断研究で検証した。その結果、ADHD薬の年間...

文献:Girand HL, et al. Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder and Psychotropic Polypharmacy Prescribing Trends. Pediatrics. 2020 Jun 2. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。