m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

OAGの視野悪化危険因子に両眼性疾患、眼圧高値など

2020年7月8日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患投薬に関わる問題

英国で未治療の開放隅角緑内障(OAG)患者516例を対象に、視野悪化の危険因子を無作為化プラセボ対照試験で検討(英国緑内障治療試験:UKGTS)。対象者をラタノプロスト0.005%とプラセボ点眼薬に無...

文献:Founti P, et al. Risk factors for visual field deterioration in the United Kingdom Glaucoma Treatment Study. Ophthalmology. 2020 Jun 12. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。