m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

高リスクCKDのアロプリノール、eGFR低下を抑制せず

2020年7月11日  ソース:NEJM  カテゴリ: 一般内科疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

進行リスクの高い3期または4期の慢性腎臓病(CKD)患者363例を対象に、アロプリノールによる尿酸低下療法の推算糸球体濾過量(eGFR)低下進行抑制効果を無作為化比較試験で検討した(CKD-FIX試験...

文献:Badve SV, et al. Effects of Allopurinol on the Progression of Chronic Kidney Disease. N Engl J Med. 2020 Jun 25. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。