m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

遺残胎盤の薬剤介入で胎盤用手剥離やD&Cの必要性減

2020年7月12日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 産婦人科疾患投薬に関わる問題

遺残胎盤(retainedPlacenta)に対する薬理学的介入の有効性を29件の無作為化比較試験(対象計2682例)のシステマティックレビューおよびメタ解析で検証した。オキシトシン臍帯静脈内投与が最...

文献:Patrick HS, et al. Pharmacologic Intervention for the Management of Retained Placenta:A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Trials. Am J Obstet Gynecol. 2020 Jun 24. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。