m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

巨大瘢痕ヘルニア、術前ボツリヌスでCS法回避

2020年7月14日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般外科疾患投薬に関わる問題

スペインの三次医療センターで、巨大正中腹壁瘢痕ヘルニア(ヘルニア横径11-17cm)患者80例を対象に、術前ボツリヌス毒素投与+Rives法による開腹修復術(ボツリヌス群、40例)とcomponent...

文献:Bueno-LledÓ J, et al. Botulinum toxin to avoid component separation in midline large hernias. Surgery. 2020 Jun 20. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。