m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

改良RALPで機能回復までの期間が短縮

2020年7月15日  ソース:Eur Urol  カテゴリ: 一般外科疾患腎・泌尿器疾患その他

尖部処理および前立腺筋膜温存度を改良したロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術(RALP)の早期機能転帰改善効果を後ろ向き研究で検討。傾向スコアでマッチさせた改良RALP法施行患者(104例)と従来法施行...

文献:Covas Moschovas M, et al. Modified Apical Dissection and Lateral Prostatic Fascia Preservation Improves Early Postoperative Functional Recovery in Robotic-assisted Laparoscopic Radical Prostatectomy: Results from a Propensity Score-matched Analysis. Eur Urol. 2020 Jun 24. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。