m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

早産児の死亡リスク、5-10分後アプガー指数で予測

2020年7月16日  ソース:NEJM  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患産婦人科疾患

スウェーデンで1992-2016年に出生した早産児11万3300例を対象に、在胎期間およびアプガー(Apgar)指数が新生児死亡リスクに及ぼす影響を検討した。新生児死亡が1986例(1.8%)発生した...

文献:Cnattingius S, et al. Apgar Score and Risk of Neonatal Death among Preterm Infants. N Engl J Med. 2020 Jul 2. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。