m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

果物と野菜の摂取量多いほど2型糖尿病リスク減

2020年7月22日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患一般外科疾患

欧州8カ国のEPIC試験コホート(34万234例)に登録された2型糖尿病患者9754例とサブコホート1万3662例を対象に、ビタミンCとカロテノイドの血漿中濃度(果物と野菜の摂取量の指標)と2型糖尿病...

文献:Zheng JS, et al. Association of plasma biomarkers of fruit and vegetable intake with incident type 2 diabetes: EPIC-InterAct case-cohort study in eight European countries. BMJ. 2020 Jul 8. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。