m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

球部尿道狭窄再発、尿道形成術と切開術ともに症状改善

2020年7月24日  ソース:Eur Urol  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患一般外科疾患腎・泌尿器疾患

球部尿道狭窄の再発患者159例を対象に、開腹尿道形成術の内視鏡下尿道切開術に対する優越性を非盲検無作為化比較試験で検証した(OPEN試験)。その結果、主要評価項目に規定した24カ月時の患者報告による排...

文献:Goulao B, et al. Surgical Treatment for Recurrent Bulbar Urethral Stricture: A Randomised Open-label Superiority Trial of Open Urethroplasty Versus Endoscopic Urethrotomy (the OPEN Trial). Eur Urol. 2020 Jul 4. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。