m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

軟部組織肉腫、RTと手術の間隔空けて創合併症減

2020年7月25日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患

米国の単一施設で、軟部組織肉腫の術前放射線治療(RT)と手術の間隔を最長6週間空けることで創合併症を減らすことができるかを検討した。2004年から2014年の間に、RT後に同一執刀医による患肢温存広範...

文献:Collier CD, et al. Six-Week Interval Between Preoperative Radiation and Surgery Is Associated With Fewer Major Wound Complications in Soft Tissue Sarcoma. Am J Clin Oncol. 2020 Jul. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。