m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

膀胱がんのFGFR3変異、過剰発現より抗FGFR3療法が有益の可能性

2020年8月7日  ソース:Eur Urol  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患その他

化学療法歴のない膀胱がん患者の膀胱全摘除標本1000例を対象に、線維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)、FGFR3遺伝子変異およびp53の発現状況と予後予測能を検討した。その結果、腫瘍の11%にFG...

文献:van Rhijn BWG, et al. FGFR3 Mutation Status and FGFR3 Expression in a Large Bladder Cancer Cohort Treated by Radical Cystectomy: Implications for Anti-FGFR3 Treatment?†. Eur Urol. 2020 Jul 15. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。