m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

骨粗鬆症のデノスマブ、投与間隔延長で骨折リスク増

2020年8月8日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患整形外科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

デノスマブによる治療を開始した45歳以上の骨粗鬆症患者2594例を対象に、投与間隔延長と骨折リスクの関連を住民対象コホート研究で推定。推奨投与日から4週間以内に次の投与を実施する「予定投与」、投与を4...

文献:Lyu H, et al. Delayed Denosumab Injections and Fracture Risk Among Patients With Osteoporosis: A Population-Based Cohort Study. Ann Intern Med. 2020 Jul 28. [Online ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。